1. ホーム
  2. ≫勉強方法について

勉強方法について

試験問題の傾向について

2016年度からテキストが改定されました(2014年度に続き2回目です)。試験の傾向などは、2013年度分までの内容となっています。

要点のまとめをご覧になれば、わかると思いますが、膨大な量の内容について、理解、暗記を要します。

テキストは、500ページを超え、苦手分野が一つでもあると、合格できません。また、問題を大量に解いて、問題に慣れておく必要があります。さらに、重要な数字は確実に覚えておく必要があります。

暗記よりも内容を理解することが重要です。テキストや問題集の文章が、そのままが出題されることが多く、記述式ではないため、うろ覚えでもなんとかなることもあります。そのため、6割は確実に解けます。そこから7割にもっていけばよいわけです。いかがでしょうか。

なお、勉強を開始する場合、得意な章から始めましょう!

私は1章から始め、慣れない法律の勉強が嫌になり、ほんとうに途中でやめようかと思いました。

  • 医療関係者は3章から(疾患・障害と住環境整備など)
  • 福祉関係者は1、2、4章から(福祉や障がいの基礎、相談援助など
  • 建築関係者は5章から(福祉住環境整備の技術など)
  • そうでない方は、興味のある分野から始めましょう。

途中で挫折する可能性が低くなります。

独学

費用を抑えたい場合は独学でがんばりましょう!私も独学2ヶ月です。

独学の長所

  • 自分のペースでできる(短期決戦など)。
  • 他人にあれこれ言われることが嫌いな人は向いています。
  • テキスト代以外はあまり費用がかからない
  • 授業のペースが遅すぎるなどの不満が起きない。
  • 自由に、安く取得できる

独学の短所

  • 全て自分でやる必要がある。
  • 情報収集をどうするか?
  • 困ったときに相談する仲間がいないことも。
  • 挫折する可能性あり(まあ、今年はいいかな・・・の繰り返し)。

テキストを準備しましょう

テキスト、過去問題集

U-CANのテキストは人気があります。時間に余裕がない方にオススメします。
また、過去問題集も必須です。

  1. 速習レッスン

    イラスト・図表を豊富に用いたやさしい文章で、はじめて学習する方にオススメします。

  2. 過去・予想問題集

    全ての問題に詳細な解説を掲載。「合格エッセンス」などの補足解説も充実しています。

  3. 過去問題集

    「出題テーマ一覧」では、過去6回の試験分の各章のテーマごとの出題頻度を確認できます。

私の場合、公式テキストを書店で確認したのですが、どう考えても時間がないと判断し、テキストを買わずに勉強することにしました(東商さん、すみません)。

具体的な勉強方法について(私の場合)

まず、速習レッスンから始めます(時間に余裕があれば公式テキストも利用しましょう)。まとめを読んで、すぐに問題を解くどんどん進めます忘れてもかまいせん。一気に、最後まで解きます。

その後、もう一度問題を解くと重要な部分が見えてきます。ここを、ノートやワープロに書いていきます(無理に書く必要はありません、これは私なりの方法です)。本サイトのコンテンツ、要点のまとめが、これにあたります。このまとめを暗記します、これが辛いのですが頑張りましょう。

ある程度、暗記したら、今度は上記の過去問題集を順に解いていきます。もちろん、1問ずつ丁寧に(ただし、1問1分くらいで)。そして、間違えた問をチェック、重要点を上記のまとめに書き加えます。おそらく、忘れてはいるものの、かなり解けるとは思います。間違えた問題を再度解いて完璧にします。これと同時に、暗記も繰り返します。これで、300問くらいは解いたことになります、かなり慣れてきたはずです。

さて、次は、過去・予想問題集です。どんどん解きます(1問1分で)。おそらくほとんどの問題がすぐに解けて、かなり自信がついてくると思います。同様に、気づいた点をまとめにどんどん書き加えます。

試験までは、まとめの暗記と間違えた問題の解き直しを繰り返します。終了です。

なお、私が使わなかった東商のテキストをじっくり読むことも重要です。時間に余裕がある方は、そちらも是非お願いいたします。おそらく、専門用語の読みがわからないはずで、さらに、問題集にはすべての図が掲載されていませんので。

通信講座

通信講座は独学に自信がない、勉強が苦手、嫌い、さぼってしまうという方におすすめです。

資料請求し、その資料を机の上など他人の目に付く場所に置いておくと、引くに引けなくなります。

通信講座の長所

  • ある程度のプレッシャーを自分にかけることができます。
  • テキストや問題集を探す、検討する、購入する時間を節約できます
  • 講座によっては、不明点を直接質問することができます。
  • 比較的安価な講座が増えています。

通信講座の短所

  • 資金が必要です(教育訓練給付制度を利用できる可能性があります)。
  • 購入するまで、テキストなどの内容が確認できません。
  • CD教材などは、ご利用中のPCに対応しているか確認が必要です。
  • 途中でやめたくなった場合でも、返金は不可能です。